協会の概要

代表理事挨拶

中馬 弘毅

日本とアジアの相互交流によって高齢者の医療と介護の問題解消を目指しています。

一般社団法人 日本アジア医療・福祉人材交流協会
代表理事 中馬 弘毅

当法人の設立に当たり一言ご挨拶申し上げます。
わが国は、急速なスピードで超高齢社会(人口の20%以上が70歳以上)を迎えました。この高齢化、とりわけ深刻なのが医療と介護の問題で、私どもは従来この問題に真剣に取り組んでまいりました。
現在、高齢者や患者のお世話をする看護師や介護福祉士、介護支援専門員、ホームヘルパーなど医療・介護に携わる人材が全国的に不足しております。この問題を解消するためには、海外からの看護師人材を確保し、介護支援員の「外国人技能実習制度」の実現を図らねばなりません。
なかでも中国は1979年に始まった「一人っ子政策」により20~30年後には現在のわが国同様、高齢化社会になることは目に見えております。このため、彼らから日本の医療・介護保険制度や日本の医療・介護技術のノウハウを学びたいとの声が上がっております。これらの医療・介護問題の解決のため、日本で日本語と、日本の医療・介護技術を学び、その習得した技術をもって帰国後、母国の医療・介護技術の向上に役立てる「外国人技能実習制度」を医療・介護分野に応用したいと考え、現在、各方面に働きかけております。
当法人は、ロングライフホールディング株式会社と株式会社クイックの両社の力を得て実現に邁進してまいります。
よろしく、ご理解の上、お力添えをお願い申し上げます。

代表理事プロフィール

大阪市天王寺区生まれ。小泉・第3次改造内閣で行政改革・規制改革担当国務大臣に就任、自民党行政改革推進本部長として、党の立場で諸改革に取り込んだ。

略歴・政歴

  • 1961年 3月東京大学経済学部卒業
  • 1976年12月衆議院議員
  • 1984年11月環境政務次官
  • 1990年 2月自治政務次官
  • 1997年 9月衆議院・外務委員長
  • 2002年10月国土交通副大臣
  • 2005年10月行政・規制改革担当大臣
  • 2013年 4月旭日大綬章受勲

設立趣意

日本の国内高齢者ニーズに対する看護師・介護人材の確保と、近隣アジア諸国の来るべき高齢化社会を見据えた、日本とアジアの看護師・介護人材の友好、相互交流によって高齢者や患者の医療と介護の問題解消を目指すなか、日本とアジアの友好に寄与します。
高齢者や患者の人たちの医療・介護問題が深刻です。看護師や介護に携わる人たちが不足し、またその労働条件の改善も必要です。そのため海外から看護師人材を確保し、外国人技能実習制度に介護支援員の導入を働きかけます。一方中国では、将来の高齢化社会を見据え、医療・介護保険制度や医療・介護技術のノウハウを学びたいとの声があがっています。双方のニーズを捉え今後の医療・福祉事業の発展に寄与します。

協会概要

名称
一般社団法人 日本アジア医療・福祉人材交流協会
(英文 ASIA-JAPAN MEDICAL WORKERS & CAREGIVERS EXCHANGE FRIENDSHIP ASSOCIATION)
事務所
〒530-0018 大阪市北区小松原町2-4 大阪富国生命ビル (株)クイック内
電話&FAX
06-6361-4828
設立日
2010年1月26日
事業年度
12月31日の末日
公告
官報
理事
理事 和納 勉 (株式会社クイック 代表取締役社長)
理事 遠藤 正一 (ロングライフホールディング株式会社 代表取締役社長)
評議員 東瀬 幸枝 (特定非営利活動法人日本主婦連合会 代表)
評議員 大塚 保信 (日本ソーシャルワーカー協会 副会長)
評議員 長谷川 恵一 (学校法人エール学園 理事長)
事業内容
当法人は、日本とアジアの人材交流を通じて各国の医療と福祉の向上を目的とするとともに、その目的に資するため、次の事業を行う。
(1) 日本の高齢者医療・介護問題の研究
(2) 日本の看護師・介護士制度の研究
(3) アジアと日本の医療・介護福祉人材の交流推進事業への取組み
(4) 日本での医療・介護福祉人材の外国人技能実習制度の導入推進
(5) 高齢者の福祉の増進を目的とする事業
(6) アジアに対する医療・介護技術の移転支援事業
(7) 職業紹介事業
(8) 労働者派遣事業
(9) 前各号に掲げるもののほか、本組織の目的を達成するために必要な事業